口元が出ているのを引っ込める方法と確認する方法(効果確認済み)

シュッとした上品な口元って憧れますよね。

特に口元というのは綺麗な横顔になるためにはかなり重要なパーツになってきます。

口元を引っ込める方法としては美容整形や歯の矯正手術などがありますが、

整形はしたくない!そんなお金ない!という人も多いと思うので今回は整形せずに口元を引っ込めて綺麗な横顔を手に入れる方法を紹介します。

スポンサーリンク

口元が出ているのか調べる方法

自分の口元が出ているのかどうか気になる人もいると思います。

口が出ているのか調べる方法は”Eライン”よりどのくらい出ているかで判断します。

Eラインとはエステティックラインの略です。

必要なものは自分の指だけです。

このように鼻の先とあご先を指で結んで唇が指に当たるか試してみてください。

上記の3名は唇が綺麗に指の内側に収まっています。余っている方もいます。

これはかなり理想の状態です。さすが外国人ですね。ほんと羨ましいです。

出典:エムズ歯科クリニック

唇が指の中に収まっている→理想の口元。

唇が指にちょっと触れる→平均的な日本人の口元。(西洋人に比べ日本人は口元が出ています。)

唇をぎゅっと押さないと鼻先と顎がくっつかない→口元が出ている。

唇がどれだけEラインから飛び出しているかが、口元がどれだけ出ているかの基準になります。

口元が出ているのを引っ込める方法(効果確認済み)

整形や歯の矯正治療をせずに口元を引っ込めることは可能です。

筆者自身も整形や矯正をせずに引っ込めることができました。

即効性はありません。しかし日々の積み重ねで口元を引っ込めることが可能です。

今すぐに見た目に分かるくらいに変化が欲しい方は整形や歯の矯正をおすすめします。

口元が出ている人は口呼吸をしていることが多いです。

口呼吸というのは唇が空いていて、口で呼吸している状態です。この状態だと自然と口元は前に出てしまいます。

口元が綺麗な方は鼻呼吸をしています。鼻呼吸は口がしっかり閉じていて鼻で呼吸している状態です。

筆者も昔は(中学生まで)思いっきり口呼吸でした。なのでかなり口元が出ていました。イメージはアヒル口の広角が下がっている状態です。なのでいつもむすっとした表情になっていました。

ある日友達にそれをいじられたのをきっかけに家にあった3面鏡で自分の横顔を見ました。

まぁ口元が出ていました。中学生ながらかなりショックを受けました。

かなりショックだったのでそれ以来、日々の生活で口を閉じ鼻呼吸を意識し、口元を引っ込めることを意識しながら生活を送るようにしました。

最初は意識しないと口も空いていて口呼吸になっているし、口元も前と同じように前に出てしまいましたが、時が経つにつれ鼻呼吸が普通、口元を引っ込めている状態が普通になりました。

あれだけ前に出て尖っていた口元もかなり綺麗に上品になりました。本当に昔の写真を見ると「あ~あの時気づいて治そうと思ってよかった」と心底思います。そのくらい当時と今の口元が違います。

あの中学生の時に治そうと思っていなかったら今頃かなりコンプレックスになっていたと思います。

この経験があるので、筆者は努力次第で整形せずに顔は変えることができると思っています。

今でも綺麗な横顔を手に入れるために日々口元も引っ込めることを意識しています。意識しているときはしっかりEラインができるほどになりました。しかし、油断するとEラインから口が少し出てしまいます。まぁでも昔と比べるとかなり綺麗な口元になったと思います。

こんな横顔・口元になりたいです!切実に!

それにしても誰か分かりませんがこの方の横顔完璧すぎますね。

今後も完璧な横顔を目指して日々自分磨きをしていきます。

一緒に綺麗な横顔を手に入れましょう♫

顔の下半分がブスだと美人には絶対なれない?<参考画像>
美人の重要は目。いやいや鼻。いやいや輪郭。 これに関しては本当に様々な意見がありますよね。 今回は「顔の下半分がブスだと美人には絶対なれないのか」について参考画像付きでまとめました。 色々な意見があるので傷つきたくない方は
横顔ブサイク・美人・イケメンの条件<画像付きで解説>
本当に綺麗な人やかっこいい人って正面はもちろんですが、横顔がかなり綺麗ですよね。 正面からってなんとなくごまかせますが、横顔ってなかなかそうはいきませんよね。 横顔が綺麗な人は真の美人、イケメンだと思います。 女優さんや俳

スポンサーリンク




輪郭
芸能人のように美しく